団体紹介

【志に気付ける環境を創り続ける】

 

私達は「経済大国日本の幸福度ランキング53位」という幸福度の低さを問題に対して主に2つの原因に着目しています。
1つは「他人と比較し自分を相対評価する日本人の特性」。
多くの日本人は、『あなたは幸せですか』という質問をされたとき、他人と比べて幸せかどうかを答えようとします。個人主義的な欧米で、自分の絶対的評価で答える人が多いこととは対照的です。『他人と比較し続ける人生』がストレスに満ちていることは幸福度を下げる大きな原因と言えるでしょう。

もう1つは「日本の人生選択に対する自由度の低さ」です。
日本人の多くは、現状についてはささやかな幸せを感じながら生きていますが、将来に対する不安が大きい。例えば、国がダメになったときは自分の人生もダメになると思い込まれていると感じます。大学受験や就職でも、一度失敗しただけで人生が狂うと思うひとが多いでしょう。また、日本人の幸福度の変遷を時系列で見ると、その時々の国の経済状況に応じて大きく変化していることも他国に比べて特徴的。諸外国と比べると、『チャンスはいくらでもある』という概念が弱いと言えます。

私達はこの問題をキャリア教育と内面教育の2軸の教育で解決に向かっていきたいと考えています。

この2軸の教育で将来の不安を取り除き、自分の理想の働き方、キャリア設計ができるようになり、社会で必要なスキル、メンタルを養い他者と比較することのない人間に学生の内になる事をゴールとして、現在キャリアコンサルタントや学生300人に人生コーチングをしてきた外部顧問と共にコンテンツ開発をしています。